” TypeError ” が表示され、起動しない。

このエラーは、Secretbook for Password v1.9 の起動時に発生したエラーですが、動作環境によっては、Secretbook for Personal でも発生する可能性があります。

このエラーに関して、以下の3つの原因が考えられます。

システムロケールの設定が原因の場合

国内のWindows は、通常、システムロケールが日本語(日本)に初期設定されていると思いますが、例えば、PCを輸入され、システムロケールが英語(米国)などに設定されていた場合、OS側から得られるユーザーデータのパスなど、文字コードが、プログラム上で認識できないという理由があります。

設定値を日本語(日本)以外に変更すると、TypeError が発生します。

システムロケールの確認方法は、以下となっております。

もし、設定値が、日本語(日本)でなかった場合は、日本語に設定するとこでエラーを回避することができます。

すでに、システムロケールが、日本語(日本) に設定されていた場合は、別の要因が考えられます。

コントロールパネル > 時計、言語、及び地域 > 地域と言語 > 管理 > システムロケールの変更

図1. windows7 設定画面

環境変数が原因の場合

本ソフトは、インストール後、初回起動時に ” C:\Users\ユーザー名 ” の下に” secretbook_for_personal ” という名前のフォルダが作成され、ユーザーデータや、設定ファイルなどが保存されます。

” C:\Users\ユーザー名\secretbook_for_password ” の ” ユーザー名 ” の部分は、通常 PC にログインしているユーザーと同じ名前のフォルダとなります。

プログラム上で、パスを認識するためWindows 側の環境変数 ” USERNAME ” を参照し、ユーザー名を取得します。この時、返される環境変数に問題がある場合、エラーが発生する可能性が考えられます。

環境変数の確認の手順を以下に示します。

Windows では、コントロールパネルから、環境変数を確認できますが、” USERNAME ” はOSのシステム側で使用される特殊な環境変数のため、コントロールパネルで確認ができません。

確認には、コマントプロンプトを使用します。

コマンドプロンプトを開き、次ぎのように入力し、エンターで実行します。

echo %USERNAME%

通常はログイン中のユーザー名が確認できると思います。

ここで確認したユーザー名と同一名のフォルダが” C:\Users\ ” の直下に存在するか確認します。

通常は存在しますが、何らかの理由でこの環境変数と、フォルダ名に不整合があった場合、エラーの原因となりえます。

環境変数が原因であった場合、環境変数 ” USERNAME ” はコントロールパネルで変更ができないため、別のユーザーアカウントへのインストールなどによって、エラーを回避するしか対策がありません。

ユーザー名 ( アカウント名 ) が原因の場合

可能性としては低いですが、windows にログインする時に使用するユーザー名が、日本語、全角文字、記号などを使用していた場合、文字コードの問題から、エラーが発生する可能性も考えられます。

この場合も、別のユーザーアカウントへのインストールなどによって、エラーを回避するしか対策がありません。

ヘルプ – 目次に戻る