ファインダーにも ” 鍵 ” がある

Secretbook for Personal 本体と同じく、ファインダーにもキーファイルがあります。

データと鍵を分離させるとこで、安全なパスワード管理をするという仕組みは、Secretbook for Password 本体と全く同じです。

キーファイルの仕組みについては、下記をご参照ください。

参照 : キーファイルとは? – 暗号化と複合化の仕組み

ファインダーとキーファイルの関係

ファインダーが発行 ( スピンアウト ) されるときに、同時に、ファインダー専用のキーファイルが生成されます。発行されたファインダーと、生成されたキーファイルは、ペアとなり、唯一、そのファインダーを開く ” 鍵 ” となります。

全く同一の条件でファインダーを再度、発行した場合も、別のキーファイルが生成されます。

発行されたファインダーを開くには、発行と同時に生成されたキーファイルでなければ開くことはできません。

ファインダーにログインするには、そのファインダーに与えられたログインパスワードと、そのファインダーのために生成されたキーファイルの二つが必要です。

図1. ファインダーとキーファイル

ファインダーのキーファイルはどこに生成される?

スピンアウト機能で、発行する登録データの選択が終わると、” 発行先の指定 “(図2)で、ファインダーとキーファイルのインストール先をそれぞれ指定します。

実際に発行されるとき、指定場所にフォルダ ” secretbook_for_personal\key ” が作成され、フォルダ ” key ” の中にキーファイルが保存されます。

下図では、キーファイルの発行先は、USBメモリ ” D:¥ ” となっています。

図2. 発行先の指定画面

上図のケースでは、キーファイルの保存場所は、
” D:\secretbook_finder\key\finder_key_2015xxxxxxxxxxxx.db ” となります。

” finder_key_2015xxxxxxxxxxxx.db ” がキーファイルです。(x部分は発行日時)

スピンアウト機能の詳細は下記のリンクをご覧ください。

参照 : チュートリアル 1 : スピンアウト – ファインダーを発行する
参照 : 登録データを発行(スピンアウト)する手順

マニュアル – 目次に戻る