3. ファインダーのログインパスワードを決める

登録データ発行の最後のステップとしてログインパスワードを決めます。

ここで決めたログインパスワードは、発行後、ファインダーを開くためのパスワードとなります。ログインパスワードを入力したら ” 発行 ” ボタンをクリックし発行します。

図3. ログインパスワードの指定画面

プラスボタン – パスワードの登録

プラスボタンをクリックすると、ここで入力したログインパスワードを新規データとして、Secretbook for Personal にデータ登録します。これによって、ファインダーのログインパスワードを登録データとして管理することができます。

ここで登録されたデータは、カテゴリー ” finder ” に入ります。

データ検索で ” finder ” とキーワード検索すると、発行したファインダーの発行日時の一覧がリストアップされます。

チェックボタン – 条件設定

発行する前にファインダーの使用に条件を設定できます。

チェックボタンをクリックすると、設定画面が開きます。

ここで、データの使用期限設定、アクセス時間帯の設定、ログインミス設定を行うことができます。

詳細は以下をご覧下さい。

参照 : 発行するファインダーに使用条件をつける

zip圧縮設定

ここにチェックを入れて発行すると、ファインダーはzip圧縮された状態で発行できます。クラウドサービスへのアップロードなどで時間を短縮できます。

詳細は、以下をご覧下さい。

参照 : ファインダーをzip圧縮して発行する

マニュアル – 目次に戻る