ファインダーをzip圧縮して発行する

ファインダーの発行時、ファインダーを圧縮した状態で発行することができます。

圧縮する場合は、下図のzip圧縮にチェックを入れます。

例えば、googleドライブや、OneDriveのようなストレージサービスなどにアップロードする場合、圧縮した方がアップロード時間を短縮できます。

圧縮した場合、インストール先には、13MB以上の空き容量が必要です。

図1. ログインパスワード設定画面

zipファイルを解凍する

zip圧縮されたファインダーは、解凍する必要があります。

zipファイルは、WindowsOS標準機能で解凍できます。圧縮ファイルを右クリックし、表示されたメニューから” すべて展開 ” で解凍できます。

注意点として、例えば、展開先にデスクトップを指定した場合、デフォルトで展開先が以下ようになります。

” C:\Users\ユーザー名\Desktop\secretbook_finder ”

この場合、フォルダ ” secretbook_finder ” の中に ” secretbook_finder ” フォルダが作成され同一名フォルダが、入れ子になります。

このまま展開すると、キーファイルを見失い、ファインダーのログイン時にキーファイルを再指定する必要があります。以下にのように指定するとよいでしょう。

” C:\Users\ユーザー名\Desktop ”

マニュアル – 目次に戻る