もし、キーファイルを紛失したら? データを盗まれたら?

ここでは、キーファイルを落とした場合と、データが盗まれた場合の2つのケースから、その安全性を見ていきます。

キーファイル(USBメモリ)を紛失したら?

キーファイルをUSBメモリに保存した場合、どこかに置き忘れたり、落としたりという可能性もあります。その場合の安全について考えてみます。例えば、キーファイルを落とし、下図のように誰かが拾ったとします。

その誰かが、それを持ち帰って、中身を見ても意味がありません。キーファイルに、ユーザーデータが保存されているわけではありません。それは、単なる ” 鍵 ” です。そして、その鍵自体も暗号化されています。

キーファイルは、Secretbook for Personal一つにつき、一つだけ生成される唯一のファイルです。他のPCにインストールされたSecretbook for Personalと交換性はありません。

第三者がキーファイルを入手したとしても、どのPCで使えるのか知らなければ、データを引き出すことはできません。

データそのものが漏洩したら?

例えばオンライン上で、ウィルス感染による情報漏洩や、オフラインでパソコンから直接データを盗まれるというケースを考えてみます。

キーファイルでなく、パソコンに保存されたデータの方を盗まれた場合も同じです。中身を見ても、それは暗号化されており、キーファイル無しでは見ることはできません。

データを閲覧するには、データとキーファイルの二つが揃わなければなりません。

マニュアル – 目次に戻る