・キーファイルの取り扱い ( 重要 )

キーファイルの取り扱いについての注意点を以下に説明します。

・キーファイルを移動しましょう

キーファイルをUSBメモリに移さなくてもソフトの使用ができますが、本来は、データと鍵を離して管理することで、より、安全な管理ができます。そのためにもソフトを使い始めたら、キーファイルをUSBメモリなどに移動することを推奨します。

キーファイルの移動は、以下をご覧ください。

参照 : チュートリアル 2 : キーファイルをUSBメモリに入れる
参照 : マニュアル – キーファイルの移動

・キーファイルは、ソフトの使用中に動かさないで

キーファイルは、ソフトの使用中、常に必要になりますので、ソフト使用中はキーファイルを動かさないでください。もし、移動する場合はソフトを終了させてからとなります。

・(注意)キーファイルを紛失すると、データが見られなくなる

例えば、キーファイルを入れたUSBメモリを紛失することも考えられます。

ソフト初回起動時に生成されるキーファイルを紛失すると、それまで登録したデータを見ることができなくなります。キーファイルの保管は厳重にお願いします。

キーファイル紛失などによって、データ閲覧が不可能となった場合は手立てはありません。安全を考えて、本ソフトにバックドアのようなものはありません。ご理解ください。

紛失した場合の防護策として、鍵にスペアキーがあるように、キーファイルのコピーを作っておくことも可能です。ただし、スペアキーについて注意点もあります。

スペアキーの詳細は、以下の項目をご覧ください。

参照 : キーファイルの紛失 ・ スペアキーについて

マニュアル – 目次に戻る