検索結果・登録データ画面

データ検索の最後に検索結果として、登録データ画面が表示されます。

この画面で、登録データに含まれる全ての情報を確認することができます。

また、クリップボードへのコピーや、クリッパー/ドラッガーの表示、項目の編集などを行うことができます。

図1. 登録データ画面

クリップボタン1 : クリップボードへコピー / ブラウザとの連携

クリップボタン1についての詳細は、以下をご覧下さい。

参照 : クリップボタン 1 の使い方 – ブラウザとの連携

クリップボタン2 : クリッパー/ドラッガーの表示

クリップボタン2をクリックすると、クリッパーを表示します。機能詳細については以下をご覧ください。

参照 : クリッパー機能 – クリップボードの拡張

クリップボタン2を右クリックすると、ドラッガーが表示されます。機能詳細については以下をご覧ください。

参照 : ドラッカー機能 – クリップボードロガー対策

クリッパー / ドラッガーを開くと同時に、特定のウェブページを開くことができます。詳細は、以下をご覧下さい。

参照 : クリッパー/ドラッガーとブラウザの連携

編集モード

編集モードボタンをクリックすると、項目の各データを編集できるようになります。詳細は以下をご覧下さい。

参照 : 登録データを編集する – 編集モード

項目 – 右クリック / ダブルクリック

例えば、項目 “パスワード” を右クリックすると、表示/非表示を切り替えることができます。

また、ダブルクリックすると、その値をクリップボードにコピーすることができます。その場合、ソフトを終了すると、同時にクリックボードはクリアされます。

項目 “URL” をダブルクリックすると、ブラウザでそのアドレスを開きます。

図2. 項目の右クリック/ダブルクリック

マニュアル – 目次に戻る