ドラッカー機能 – クリップボードロガー対策

Secretbook for Personalは、クリップボードロガー対策のために ” ドラッガー機能 ” があります。

※ドラッガー機能は、仕様上の問題により、ブラウザ InternetExplorer のみ使用できません。Chrome、Firefox、Opera、Safariでは使用できます。

クリップボードロガーとは、クリップボードが使用されると、その内容を水面下で記録していくスパイプログラムの一種です。何らかの方法でPCなどに仕掛けられるとクリップボードにコピーしたパスワードなど、情報漏えいに繋がる可能性もあります。

例えば、会社のPCなど、不特定多数の使用するPCでの、ログイン作業など、クリップボードを使用したくない場面では、ドラッグ&ドロップによる入力が有効です。

ドラッガーは、ドラッグ&ドロップによる入力作業をサポートします。

下の動画は、ドラッガーを使用したログイン作業の様子です。

動画では、ドラッガーが表示され、ドラッグ&ドロップを使ってログインページへ入力を行っています。ドラッガーは、一定時間が経過すると、自動で閉じられます。機能詳細は次項をご覧下さい。

また、動画では、ドラッガーの起動と同時にブラウザが開きログインページを表示しています。詳細は以下をご覧ください。

参照 : クリッパー/ドラッガーとブラウザの連携

ドラッガーの起動

データ検索により登録データ画面まできたら、クリップボタン2を ” 右クリック ” するとドラッガーが起動します。

キーボード操作では、クリップボタン2にフォーカスが当たった状態で ” スペースキー ” を押します。

表示されたドラッガーのリストから、必要な項目をドラッグ&ドロップで入力欄に渡します。

図1. 登録データ画面・ドラッガー

ドラッガーの自動終了

起動してから、設定画面 ” クリッパー/クリップボードの設定 ” で設定された秒数が経過すると、ドラッガーは自動で閉じられます。また、手動で閉じるように設定することも可能です。

設定については以下をご覧ください。

参照 : クリッパー/クリップボードの設定

マニュアル – 目次に戻る