クリップボタン1の使い方 - ブラウザとの連携
データ検索により、登録データ画面を表示すると、画面右側にクリップボタン1と、
クリップボタン2があります。このページでは、クリップボタン 1 について解説します。

クリップボタン1の機能は、クリックすると、与えられた情報をクリップボードに
コピーします。また、ウェブアドレスを与えると、ブラウザを起動し、そのページを
開きます。どちらも与えると、それらを同時に行います。
図1. 登録データ画面
登録データ画面
次の動画は、データ検索から、実際にパスワードを取得し、ブラウザに入力するまでです。


クリップボタン1に情報を与える
例えば、パスワードを情報として、クリップボタン1に与える(紐付けする)には、パスワードを
クリップボタン1に向かって、ドラッグ&ドロップします。

クリップボタン1に何の情報が与えられているかは、マウスポインタをボタンに乗せると、
バルーンが表示され、確認できます。
図1. 登録データ画面 - クリップボタン1への紐付け
登録データ画面 - クリップボタン1への紐付け

ブラウザとの連携 - クリップボタン1にウェブアドレスを与える
クリップボタン1に、情報としてウェブアドレスを与えると、クリップボタン1のクリックで
ブラウザが起動し、そのウェブページを開きます。ブックマークとしての利用が可能です。

例えば、パスワードをクリップボードにコピーし、同時にブラウザでログインページを開く、
という連携も可能です。

その場合は、クリップボタン1に、パスワードをドラッグ&ドロップで与え、続けて、
ウェブアドレスを与えます。マウスポインタをクリップボタン1に乗せると、バルーンで
次のように確認できます。

" パスワードをクリップボードにコピー
 https://accounts.google.com をブラウザで開く"
図1. 登録データ画面 - ウェブアドレスとの連携
登録データ画面 - ウェブアドレスとの連携
次の動画は、パスワードとウェブアドレスをクリップボタン1に紐付けしています。


クリップボタン1に与えた情報をクリアする
クリップボタン1に与えた情報をクリアしたい場合は、クリップボタン1を右クリックすると、
" クリップボタン1の設定をクリアしますか? " とメッセージが表示されます。" はい " を
選択します。