CSV形式でデータをインポートする
Secretbook for Personal ではCSV形式でユーザーデータをインポートすることができます。
Excelや、メモ帳を使用して、CSV形式のファイルを作成し、それをインポートするという
流れになります。

また、旧バージョンであるSecretbook for Password v1.9 以前のエクスポート機能によって
エクスポートされたCSVファイルを、このインポート機能で取り込み、データ移行を
行うこともできます。

ホーム画面(図1:上)のチェックボタンをクリックすると設定画面(図1:下)に移ります。
設定画面の " データのインポート " をクリックします。
図1. ホーム画面
ホーム画面

インポート画面
インポートするCSVファイルを指定し、インポートボタンをクリックします。
CSVファイルの指定は、ファイルダイアログを開いて参照するか、ドラッグ&ドロップで
入力エリアに入れることができます。
図2. データのインポート画面
データのインポート画面

CSVファイルの作成・書式のルール
CSVファイルを作成する場合、正常にインポートさせるため、書式に関していくつかの
ルールがあります。下記は、メモ帳で作成した2つの登録データです。

カテゴリー,google,category
ユーザーID,example1@gmail.com,nomal
パスワード1,EtyeGC3r,password
パスワード2,Xd3lopY8,password

カテゴリー,gmail,category
ユーザーID,example2@gmail.com,nomal
パスワード,usgwy2fM,password
URL,http://google.com,url
メモ,サンプルテキスト,memo
タグ,タグ1 タグ2,tag

上記の登録データをExcelで作成した場合は、下図のようになります。
Excelで作成したデータをCSVファイルとして保存します。
図3. ExcelによるCSVファイル作成
ExcelによるCSVファイル作成
CSVファイルの書式に関するルールは以下です。

・1列目は、項目名です。項目名は、カテゴリー、タグ以外は自由に決められます。
・2列目は、項目名に対する内容を入れます。内容はデータの種類によって規定があります。
・3列目は、データの種類を指定します。種類は5つがあります。(次項で説明)
・登録データ一つ一つの区切りとして、空白行を入れます。
・登録データには、最低、" category " と " nomal " の2つの項目が必要です。
データの種類
category :
 カテゴリーとして認識します。登録データの先頭行は必ずカテゴリーです。
 また、登録データに置けるのは一つです。
文字数制限250文字、「,」「\」使用不可。

nomal :
 テキストデータとして認識します。登録データ二行目は必ずテキストデータです。
 二行目は、登録データのタイトルになります。一つの登録データに複数可。
 文字数制限250文字、「,」「\」使用不可。

password :
 パスワードとして認識します。一つの登録データに複数可。
 文字数制限250文字、「,」「\」使用不可。全角文字不可。半角英数記号のみ可。

url :
 ウェブアドレスとして認識します。一つの登録データに複数可。
 文字制限数2000文字まで。「,」使用不可。

tag :
 タグとして認識します。図3では、半角スペースを挟んで2つのタグがあります。
 タグ項目は、登録データに一つだけですが、内容は、半角スペースを挟んで、複数の
 タグを定義できます。一つのタグの文字数制限は50文字。「,」「\」は使用不可。

Secretbook for Password のCSVファイルをインポートする
Secretbook for Password v1.9 以前の旧バージョンでエクスポートしたCSVファイルを
インポートすることが可能です。v1.9でエクスポートされたCSVファイルをそのまま指定
します。

v1.9のエクスポートについては下記をご覧下さい。
参照 : 旧バージョン Secretbook for Password をアンインストールする