1. 発行する登録データの選択

ファインダーを発行(スピンアウト)するには、最初に、発行したい登録データを選択します。

データの選択画面(図1)では、左にカテゴリー/タグの一覧が表示されます。

カテゴリー、または、タグをプルダウンすると、中に入った登録データを確認できます。

発行したい登録データを、右にあるグレーエリアにドラッグ&ドロップすると、リストとして追加されます。

下図では、2つのデータが追加されています。

また、追加されたデータをダブルクリックで取り消すこともできます。(キーボードの矢印キーでリスト選択、エンターキーで追加、または、取消しができます。)

発行したいデータを右に追加できたら” 次へ ” ボタンをクリックします。

図1. データの選択画面

キーワード入力でカテゴリー/タグを絞る

キーワード入力をすると、左に表示された候補リストが絞られていきます。

カテゴリーや、タグの数が多い場合は、キーワード入力である程度絞った方がよいでしょう。

条件をつけて検索すると、より効率的に検索ができます。以下をご覧下さい。

参照 : 登録データを検索する(2ステップ検索) – 条件検索を使う

右に追加したデータを全て取り消す

データの選択画面(図1)のゴミ箱ボタンで右に追加したデータを全て取り消します。

右に追加したデータをまとめてタグ化する

右に追加したデータをまとめてタグ化するとは、追加された登録データ一つ一つに同じタグを一括で付けることです。これにより、タグ付け作業が楽に行えます。

例えば、今回、選んだ登録データをタグ化しておけば、次回、発行するときに、キーワード入力でそのタグだけを表示し、プラスボタンでまとめて右に追加するということもできます。

タグボタンをクリックすると、タグの一括追加/一括削除画面(図2)が表示されます。

図2. タグの一括追加/一括削除画面

タグの一括追加/一括削除画面(図2)では、右側にタグの一覧が表示されます。

この一覧は、左のキーワード入力で絞ることができます。

一覧からタグを選択するか、もしくは、入力欄に新規のタグ名を入力します。

OKボタンをクリックすると、メッセージが表示され、さきほど図1で追加した登録データの全てに入力されたタグが付けられます。

この機能は、データを発行するときだけでなく、タグの整理にも使えます。

タグを一括削除する

タグの一括追加/一括削除画面(図2)のゴミ箱ボタンは、キーワード入力されたタグを全ての登録データから抹消します。

不要になったタグを整理するのに便利です。

マニュアル – 目次に戻る